前もって準備をする

新事業を始める前に、あると便利なのが貸倉庫です。トランクルームも、ちょっとした荷物を保管する時に重宝するでしょう。ただ、貸倉庫にもタイプがあります。

トランクルームは屋内型か屋外型か

屋内型のトランクルーム

ビルの一室やマンションなどの共有部分に作られるのが屋内型の特徴です。24時間監視カメラでチェックしてくれる他、空調設備が整っているため、湿気による被害を最小限に抑えることができます。美術品やコレクションなどは、室内型が安心できるでしょう。

屋外型のトランクルーム

車のまま敷地内に侵入できるので、荷物の運び出しがラクに行なえます。しかし、雨風にあたる可能性もあるので、収納スペースが汚れてしまう傾向にあります。梅雨の時期は湿気が多いので、カビの発生も気になるでしょう。屋外なので防犯設備は整っておらず、泥棒に入られる危険もありますが利用料は安く、スペースが広い点はおすすめしたいところです。

[PR]
貸し倉庫の情報を大特集☆
業務効率をアップさせよう♪

効率よく探す人はいい貸倉庫を探すのが得意

男の人

成約の流れ

ネットで大阪にある貸し倉庫を見つけた後、内見をします。物件の状態は画像と文字だけの情報では不十分なので、状態をしっかり確認しましょう。内見の後に入居希望をする場合は、申込書に必要事項を記入します。条件がある場合は、不動産会社の担当スタッフに伝えておくと、オーナーへ直接交渉します。契約を結んだ後、重要事項の説明を終えて、本契約をします。決済から入居までスムーズに進むよう、スタッフ一同がサポートをするので心配いりません。事業を始める時の保管場所としては、トランクルームも利用可能です。この場合は人気のハローストレージで探すといいでしょう。

貸倉庫の種類

会社立ち上げに伴い、仕事で使う備品を保管するスペースが設けられる貸倉庫はビルドイン型、コンテナ型、倉庫型の三つに分類されます。ビルドイン型は、建物の中にある貸倉庫で、ワンフロアや個室を貸し出します。大量の荷物を保管できるのが強みでしょう。コンテナ型は、空き地に頑丈なコンテナを並べて貸し出しを行なうスタイルです。主に電化製品や衣類の収納に役立てられています。一方、倉庫型は建物を丸ごと一棟借りるので、自社製品を開発して新ビジネスを始めたい方向けです。また、一棟を区切って貸し出しをするケースもあり、荷物の量に合わせて選択できます。更に、貸倉庫以外のものとして挙げられるのがトランクルームです。トランクルームは、主に月額料金での利用となりますが、比較的利用料金が安く使用期間が決められていないので自分の都合に合わせて利用することが可能です。また、セキュリティー面もきちんとされているため、安心して荷物を預けられます。

用途はさまざま

処分が難しい資料や、ファイルなどの他に役立つ他、商品の在庫を管理する場合にも大変助かります。受注作業をスピーディーに行なえるため、作業効率もアップ間違いなしです。

気になる費用

大阪で貸倉庫を借りる場合、相場をチェックしておくと計画が立てやすくなります。一般的な費用は、1.0畳で2万円前後、3.0畳になると7万円近くに及びます。都市部だと、平均は7千円前後から、大型施設の場合も同様です。田舎へ行くにつれて坪あたりの単価は非常に安いので、広い貸倉庫を低価格でレンタルすることができます。保証金や敷金礼金については、契約時に必ず支払います。保証金は半年分必要で、敷金礼金は数か月分を一気に支払うのが一般的です。

トランクルームをラクラク検索☆

[PR]
委託倉庫を大阪で利用しよう
発送業務の手間とコストを削減

情報収集は大事

貸倉庫といっても、トランクルームのように安く借りられるわけではないため慎重になるべきです。初期費用や物件情報も契約時に収集しておくべきでしょう。ネットがあれば大体は集まります。

[PR]
貸し倉庫を埼玉で探す
お得な賃料で貸し倉庫が利用できる